楽ブログ

楽に楽しくやるブログ

スポンサーリンク(レスポンシブ)横長

スポンサーリンク

6時間で30万円以上稼ぐ似顔絵師が教える早く上手に似顔絵を描く方法

2017/04/25

6/16放送の日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」の中で、ある似顔絵師の人が誰よりも早いスピードで似顔絵を描く方法を紹介してまして、興味深かったんで記録として記事にしておきますよ。

似顔絵

その似顔絵師というのは金井香澄さんという方で、一般の似顔絵師の5倍のスピードで作品を完成させることができるそうで。

似顔師の世界大会の早描き部門で優勝したこともあるという、早描きの達人なんだそうです。

他の似顔絵師よりも早く作品を仕上げる技術で、結構式場などに出向いてたくさんの注文を受けることによって、短時間で高収入を得ることができるとのこと。

まさに、芸は身を助くってやつですね。

ホームページがあったので見てみたんですが、いろいろな似顔絵が掲載されてて楽しいですよ。

金井香澄さんホームページ

金井香澄さんホームページ「アトリエ・ソラーレ」

「太陽のように明るく、心が暖まるような素敵な似顔絵をお届けしたい」

そんな思いで日々似顔絵を描いてます。

顔のパーツを3つのパターンでとらえる

それでは、その金井さんが教えた似顔絵の早描きの方法なんですが、そのポイントは顔のそれぞれのパーツを3つのパターンに分けてとらえることなんだそうです。

つまり、顔の「輪郭・目・眉 ・鼻 ・耳・口」という6つのパーツを以下のように3パターンに分けるという方法なんですね。

【輪郭】

丸形・たまご形・四角形

輪郭

【目】

上がり型・ストレート・下がり型

目

【眉】

上がり型・ストレート・下がり型

眉

【鼻】

やじるし・ストレート・ブタッ鼻

鼻

【耳】

サル・ノーマル・福耳

耳

【口】

スマイル・タラコ・小動物

口

3パターンを組み合わせて似顔絵を描く

実際に似顔絵を描くときに、その対象の顔のパーツを上記のパターンに当てはめて、その位置や大きさに気を配りながら配置していくことで、まずまずの似顔絵が描けるということで。

私も試しに、「マツコデラックス」さんの似顔絵を描いてみましたよ(お相撲さんじゃないですからっ!)。

マツコデラックスさん

これは、「輪郭→丸形・目→ストレート・眉→上がり型・鼻→やじるし・耳→ノーマル・口→タラコ」という組み合わせでやってみました。

この程度なら絵を描くのに40秒くらいで、色塗りも含めて1分ほどで仕上がりましたよ。

まぁ・・・素人の描いた絵なんで、似てるかも?っていう程度ですが、確かに早く描くことができましたね。

アナタも一度、お試しになってみてはいかがかと。

それでは、楽しい似顔絵ライフを!

最新版 小河原智子の似顔絵入門

amazonで探す

楽天で探す

スポンサーリンク

記事下アフィリウィジェット

楽天モーションウィジェット(600×200)スマホ非表示

-アレやコレやの話