楽ブログ

楽に楽しくやるブログ

スポンサーリンク(レスポンシブ)横長

スポンサーリンク

ジャッキーアクション健在!【映画レビュー】『ドラゴン・ブレイド』あらすじ&感想(ネタバレ無し)

2016/12/08

TSUTAYA DISCASのレンタルDVDで映画『ドラゴン・ブレイド』を観たので、その鑑賞記録です。

映画『ドラゴン・ブレイド』

画像:映画『ドラゴン・ブレイド』公式ツイッターより

あらすじ

紀元前50年、前漢時代の中国での話。

シルクロードを有する広大な砂漠地帯では、多くの部族が領土や利権をめぐって対立を続けていました。

そんな中、国境警護と治安維持の任に着いていたのが、西域警備隊を率いる隊長フォ・アン(ジャッキー・チェン)。

彼は平和を愛し、部族間の争いにも戦いではなく話し合いによって仲裁を試みる正義漢でした。

映画『ドラゴン・ブレイド』

画像:インターネット・ムービー・データベースより

しかしそんなフォ・アンを陥れようとする何者かの策謀によって、彼は反逆者の濡れ衣を着せられ、部下と共に城壁修復のための囚人労働者として辺境の関所へ送られてしまいます。

その一方、ローマ帝国の将軍ルシウス(ジョン・キューザック)は、幼いプブリウスを守りつつ小隊を率いて砂漠をさまよっていました。

映画『ドラゴン・ブレイド』

画像:インターネット・ムービー・データベースより

まだ年端もいかないプブリウスはローマの執政官の息子でしたが、権力を狙って父親を暗殺した歳の離れた兄ティベリウス(エイドリアン・ブロディ)によって、自らも命を狙われ追われていたのです。

そのプブリウスを守護しつつ、反逆者の汚名を着て追っ手から逃れてきたルシウスの部隊は、フォ・アンが収容された関所のある地へとやって来ました。

砂漠で出会ったローマ兵士と漢兵士は一触即発の事態を迎えますが、フォ・アンは戦わず解決する方法は無いのか?と事態を収束させるために単身でローマ部隊に和合を持ちかけます。

映画『ドラゴン・ブレイド』

画像:インターネット・ムービー・データベースより

しかし軍人としてのプライドと血気に走るルシウス将軍は、その提案をはねつけ、まさに戦闘の火蓋が切られようとしたそのとき、暴風と砂ですべてを埋めつくす砂嵐がやってきました。

さすがのローマ部隊も砂嵐には勝てず、フォ・アンに従って関所の中へと避難することに。

こうして捕虜としてローマの兵士達を受け入れた関所でしたが、そこにとある通達の書面が届きます。

書面には「15日以内に関所の城壁を修復しなければ、囚人は全員死刑とする」という、無謀で冷酷な知らせが記されていました。

これもやはりフォ・アンを亡き者にしようとする、何者かによる陰謀でしょう。

どう頑張っても半年はかかる工事を半月で仕上げるのは不可能だと頭を抱えるフォ・アン達でしたが、そこへローマ兵から我々なら可能だとの申し出が。

それを受け入れて、ローマの大都市を築き上げた建築技術を使った作業によって、みるみる内に進んでいく城壁の修復。

と同時に、ローマと漢の人々との間の関係も友好的になっていきました。

映画『ドラゴン・ブレイド』

画像:インターネット・ムービー・データベースより

ついに城壁が完成し、手を取り合い肩を組み合って喜ぶ人種の異なる人々。

そしてルシウスとの間に友情の絆を結んだフォ・アンは、彼からティベリウスの率いるローマの軍隊がルシウス達を追ってやってくると聞きます。

映画『ドラゴン・ブレイド』

画像:インターネット・ムービー・データベースより

しかも、ティベリウスの目的はルシウスや弟のプブリウスの命だけでなく、この東方全域の征服にあると知ったフォ・アンは、それに立ち向かう決意をするのでした。

ローマ帝国の大軍勢を相手に、ルシウスと共にフォ・アンはどう戦うのか、はたして勝つことができるのでしょうか・・・

感想

この作品は、紀元前のローマの軍勢が東方の砂漠地帯で行方不明になったこと、そしてその後に漢の国でローマ人と思われる集団が捕虜として捕らえられたという史実を基にして作られたフィクションです。

そして、またもジャッキー・チェンの良い人キャラ全開のお話なんですが、ジャッキーがやると嫌味が無くて素直に受け入れられてしまうところが良いところですね。

今回のジャッキーは顎ヒゲを少し生やしてて、ちょっと上地雄輔を連想させるような風貌になってますが。

体の動きのキレは相変わらずで、ブレードアクションを中心とした立ち回りも見事でしたね。

4年ほど前の映画出演を最後として、危険なアクションシーンを辞めると宣言したジャッキーですが。

確かに高所から飛び降りる等の派手なアクションは無いとはいえ、相変わらず体を駆使した格闘シーンは60歳を過ぎてる人とは思えない動きで観る者をうならせますよ。

そしてこの映画では、ジャッキー映画にしては主要なキャラを含めて登場人物が死んでしまうシーンが多くて、少し悲壮感を感じさせられたりもしますが。

相変わらずコミカルで笑わせられるシーンもしっかり入ってるんで、悲喜それぞれの気持ちを味わいながら最後まで飽きることなく楽しめるストーリーになってます。

もちろんエンドクレジットでのNG集も健在で、これは日本のファンへのサービスとして日本公開版だけでの特別対応なんだそうで、レンタルDVDにも収録されてました。

砂漠の砂に悩まされるジャッキーの姿や、例によって怪我をして「怪我をしないと本気を出してない気がする」とか強がってるシーンなんかが映し出されてますよ。

おかげで最後にクスッと笑わされて、ホッとした気分で観終わることができましたね。

ジャッキーファンなら、是非とも観ておくべき作品と言えるでしょう。

作品データ

●原題
Dragon Blade

●監督・脚本
ダニエル・リー

●出演者
ジャッキー・チェン
ジョン・キューザック
エイドリアン・ブロディ

●日本公開年
2016年

●上映時間
103分

ドラゴン・ブレイド

amazonで探す

楽天で探す

記事下アフィリウィジェット


映画やドラマの動画配信を無料でお試し!
スポンサーリンク

楽天モーションウィジェット(600×200)スマホ非表示

-映画やTVの話
-, ,