楽ブログ

楽に楽しくやるブログ

スポンサーリンク(レスポンシブ)横長

スポンサーリンク

道民のソウルフードはスープ付き!【カップ麺レビュー】マルちゃん「やきそば弁当」を食べた

2016/12/03

ネット通販のLOHACO(ロハコ)から取り寄せで買ったんですが、東洋水産のマルちゃん「やきそば弁当」です。

東洋水産のマルちゃん「やきそば弁当」

カロリーは、1食当たり581kcalになってます。

「やきそば弁当」といえば北海道限定で販売されてる商品で、北海道民のソウルフードとも言われることもあるカップ麺ということで。

私も食べるのは今回が初めてなんですが、海鮮や野菜などの食材が豊富な北海道でカップ麺がソウルフードというのもチョット面白いですね。

フタを開くと、中には「かやく」「液体スープ」「ふりかけ・中華スープ」の3つの袋が入ってます。

東洋水産のマルちゃん「やきそば弁当」

この「中華スープ」というのがこの「やきそば弁当」の最大の特徴でして、ちょっとしたオマケですが他には無いサービスですよね。

さて「かやく」を麺の上にのせたら熱湯を注いで待つこと3分、フタを開けたらまずは「液体ソース」をかけます。

東洋水産のマルちゃん「やきそば弁当」

そしてよく混ぜたら青海苔と紅生姜の入った「ふりかけ」をかけるんですが、歯に青海苔が付いては困るという事情のある人はコレは省略するべきでしょう。

東洋水産のマルちゃん「やきそば弁当」

これで、完成です。

東洋水産のマルちゃん「やきそば弁当」

それでは、いただきます!

東洋水産のマルちゃん「やきそば弁当」

麺はやや平たい感じの細身の縮れ麺で、日清のカップヌードルに近いような印象です。

ソースは少しアッサリ目というか薄味で、ややパンチに欠ける気もしますがオーソドックスな味わいで悪くないですよ。

スパイシーな味が好みの人は、コショウをかけてやるとさらに美味しく食べられそうです。

「かやく」の肉はキューブ肉なんですが、量も比較的多めで味の主張もあって良いですね。

それからオマケの「中華スープ」なんですが、これはカップに入れた熱湯を捨てずに使って作ります。

通常は湯切りで捨ててしまうお湯をスープ用に再利用するというのは、なかなかのアイデアですね。

説明書きでは約150mlのお湯を使うとありましたが、私は湯切りのお湯を全部使って作ってみました。

東洋水産のマルちゃん「やきそば弁当」

さすがに少し薄くなったので、コショウを入れて味を調えてみたらまずまずの美味しさに。

スープ付きのカップ焼きソバはお得感もありますし、味も悪くないので最後まで美味しく食べきりましたよ。

というわけで、ごいそうさま!


楽天やアマゾンのネット通販で、お取り寄せもできます。

マルちゃん やきそば弁当

amazonで探す

楽天で探す

スポンサーリンク

記事下アフィリウィジェット

楽天モーションウィジェット(600×200)スマホ非表示

-食べ物の話
-,