楽ブログ

楽に楽しくやるブログ

スポンサーリンク(レスポンシブ)横長

スポンサーリンク

汁気の無いカレーラーメン【カップ麺レビュー】サンポー「汁なしカレーまぜそば」を食べた

2016/12/22

スーパーマーケットのイトーヨーカドーで見つけて買ってみました、サンポー食品の「湯切りなし 汁なしカレーまぜそば」です。

サンポー「汁なしカレーまぜそば」

カロリーは、1食(112g)当たり503kcalになってます。

今月新発売になった商品なんですが、サンポーでは既に「湯切りなし!まぜてとろ~り カレーまぜそば」という、ほぼ同じ商品が存在してまして。

今回手に入れたこの「湯切りなし 汁なしカレーまぜそば」は、どうもイトーヨーカドーでしか扱っていない数量限定商品ではないかと思われ。

なぜ九州でマルタイと勢力を二分すると言われる、ローカル食品メーカーのサンポーが、東京を拠点とするイトーヨーカドーとコラボるのか?と聞かれると分かりませんが、何かつながりがあるんでしょうかね。

ともかく、そういう意味で珍しいこの商品は、さらに「まぜそば」タイプのカップ麺でありながら、湯切りが不要という点でも珍しいカップ麺になってます。

つまりフタにも書かれてますが、「お湯を入れて4分後に混ぜるだけ」で出来上がるという、湯切りの手間が省けて少しだけ手抜きができるという作り方になってるんです。

それでは早速作ることにして、フタを開けると中には「粉末スープ」と「かやく」の小袋が入ってますよ。

サンポー「汁なしカレーまぜそば」

まずは「かやく」を麺の上にのせますが、その内容はほとんどがキャベツで、あとはカレーの具として定番のジャガイモとニンジンも少し入ってますね。

サンポー「汁なしカレーまぜそば」

小さな茶色いのは肉じゃなくて大豆タンパクで作られた擬似肉なんで、つまりは「かやく」の中身は全部野菜ということになるわけで、ヘルシー?と言えばまぁヘルシー。

続いて「粉末スープ」を入れたら、お湯を注いで待つこと4分でフタを開けるんですが。

サンポー「汁なしカレーまぜそば」

これで完成というわけじゃなくて、ここでグリングリンとかき混ぜる作業が必要なんです。

湯切りをする手間が省けるというコンセプトは良いですが、この混ぜ混ぜする作業がけっこう念入りに必要なんで、けっきょく手間としては同じかなという気もしたりして。

とにかく、そんな疑問を抱きつつも混ぜてると、だんだんとスープが粘度を増してきて、さらに麺が水分を吸っているようで、汁気が無くなっていくんですね。

そうして、そろそろ良いかなという状態になったら、ようやく完成。

サンポー「汁なしカレーまぜそば」

それでは、頂きます!

サンポー「汁なしカレーまぜそば」

まずカップに注いだお湯をほとんど吸ったはずの麺ですが、にもかかわらず伸びた状態になってるわけではなく、普通に食感の良い麺になってるのには驚かされますよ。

味わいのほうは、辛さはほとんど無いんですが、スパイスがしっかり効いてて、美味しいカレー味になってます。

ただ「カレーまぜそば」と言っても、つまりは茹でた麺に、カレーラーメンだったらカレースープを入れるところですが、その代わりに普通のカレーをあえたようなモノですからね。

簡単に言えば、汁気の無いカレーラーメンとも言えるわけで。

そう考えると別に新しいタイプの食べ物でもないようにも思われますが、だからといって美味しいことには違い無いんで、それはそれで良しというところでしょう。

例によって私好みのアレンジで温玉を入れましたが、さらにマイルドな味わいで美味しく頂けました、コレおすすめ。

サンポー「汁なしカレーまぜそば」

というわけで、ごちそう様でした!

 

サンポー「汁なしカレーまぜそば」

イトーヨーカドーネット通販


コチラの記事もどうぞ!

スポンサーリンク

記事下アフィリウィジェット

楽天モーションウィジェット(600×200)スマホ非表示

-食べ物の話
-, ,