楽ブログ

楽に楽しくやるブログ

スポンサーリンク(レスポンシブ)横長

スポンサーリンク

「 映画(人生を考えさせる) 」 一覧

映画『セルフレス/覚醒した記憶』

お金で永遠の命を得る方法【映画レビュー】『セルフレス/覚醒した記憶』あらすじ&感想(ネタバレ無し)

才能のある建築家として名を馳せ、やり手の実業家としての手腕も生かして会社を興し財を成したダミアン(ベン・キングズレー)。しかし年老いた彼の体は癌に侵され、肺や肝臓にも転移して余命は半年にも満たないと宣告されます。自らが設計し建築した高層...

映画『怒り』

豪華キャスティングによる群像オムニバス【映画レビュー】『怒り』あらすじ&感想(ネタバレ無し)

槙洋平(渡辺謙)は、3ヶ月前に家出して行方が分からなくなっていた娘の愛子(宮崎あおい)が見つかったとの知らせを受けて、新宿の歌舞伎町に来ていました。風俗店で働き、心も体もボロボロになった愛子を見つけて、叱るでもなく悲しげな表情でじっと彼女...

映画『教授のおかしな妄想殺人』

コメディー?【映画レビュー】『教授のおかしな妄想殺人』あらすじ&感想(ネタバレ無し)

陰鬱な表情で車を運転する、エイブ・ルーカス(ホアキン・フェニックス)。彼は哲学教授で、この夏から赴任する東部の田舎町にある大学へと向かっているのでした。大学では既に彼の噂で持ちきりで、「今度やって来る哲学科の教授は変人だ」との評判がすっ...

映画『あやしい彼女』

昭和テイストと母娘の愛【映画レビュー】『あやしい彼女』あらすじ&感想(ネタバレ無し)

瀬山カツ(倍賞美津子)は、73歳のおばあさんですが気だけは若い元気なお年寄り。今日もパートで働いている銭湯へ、『東京ブギウギ』を口ずさみながら妙なダンスを踊るかのように陽気に歩いて行きます。道すがら、いつものように商店街の店に悪態をつき...

映画『モヒカン故郷に帰る』

ユルく笑えてジンワリ泣ける【映画レビュー】『モヒカン故郷に帰る』あらすじ&感想(ネタバレ無し)

田村永吉(松田龍平)は広島からバンドデビューを夢見て上京し、パッとしないデスメタルバンド「断末魔」でボーカルを務めています。今日も“モヒカン頭”でステージで歌ってますが、デスメタルなのにテルミンを使うような不思議なバンドのせいかファンもそ...

映画「母と暮らせば」

死を超えた母子の思い【映画レビュー】「母と暮せば」あらすじ&感想(ネタバレ無し)

1948年の8月9日、十字架の立ち並ぶ長崎のとあるキリシタンの墓地で、2人の女性が墓参りをしています。1人は原爆で息子を失った福原伸子(吉永小百合)という助産師、もう1人はその息子の恋人の佐多町子(黒木華)でした。伸子は息子の墓を見つめな...

映画『岸辺の旅』

死んだ夫と生きてる妻との旅を描く【映画レビュー】『岸辺の旅』あらすじ&感想(ネタバレ無し)

夫が失踪してから3年、薮内瑞希(深津絵里)はピアノの家庭教師で生計を立てながら、孤独を胸に抱えつつ静かに暮らしていました。ある日、今の生活のやりきれない思いを忘れようとするかのように、無心に台所で白玉団子を作っていたときでした。何かの気...

映画『Re:LIFE/リライフ』

落ち目の脚本家の人生再生を描く【映画レビュー】『Re:LIFE/リライフ』あらすじ&感想(ネタバレ無し)

15年前に『間違いの楽園』という誰もが知る傑作を生み出し、アカデミー脚本賞を手にした映画脚本家キース・マイケルズ(ヒュー・グラント)ですが、それ以来鳴かず飛ばずで不遇の毎日。過去の栄光にしがみつき、荒れた生活をする間に妻に見放され一人息...