楽ブログ

楽に楽しくやるブログ

スポンサーリンク(レスポンシブ)横長

スポンサーリンク

エージェント・オブ・シールド【シーズン3】第1話・第2話あらすじ(ネタバレあり)

2017/06/05

米ドラマ『エージェント・オブ・シールド シーズン3』第1話・第2話の簡単なあらすじです。

各話ラストまでストーリーを記述していて、ネタバレを含んでいます。

エージェント・オブ・シールド シーズン3

amazonで探す

楽天で探す

第1話「自然の法則」

海底に沈んだテリジェンクリスタルの成分が拡散、それを含んだフィッシュオイルが市販され、一般の民間人からインヒューマンズが現れるようになります。

そんな人々を救助しようとするシールドでしたが、いつも謎の武装集団に妨害を受けていました。

その部隊はロザリンドという女性の指揮する政府組織、ATCU(The Advanced Threat Containment Unit)でした。

敵対意識のあった二つの組織ですが、コールソンとロザリンドはお互いの利害と弱みを探り合い、結果として当面は協力し合うことで合意。

またデイジーはインヒューマンズ保護のために、かつてアフターライフで親しかったリンカーンの助けを借りようと、マックと共に彼が勤めている病院へ行きますが、そこへ正体不明のモンスターが現れます。

エージェント・オブ・シールド【シーズン3】第1話・第2話

画像:映画.comより

モンスターの目的はインヒューマンズの抹殺のようですが、デイジーたちの応戦によって辛うじて撃退。

しかし、その騒ぎで他の職員達に正体を知られ病院にいられなくなったリンカーンも、行方をくらましてしまいます。

一方、すべての任務よりもモノリスにのみこまれたシモンズを取り戻すことを優先するフィッツは、独自の捜査でモロッコに行き、そこで手がかりと思える羊皮紙を手に入れて帰って来ました。

ところが最後の期待をかけて開いてみた羊皮紙の中には、ヘブライ語で一文字「死」と書いてあるだけで、シモンズ救出の助けにはならないことが判明。

悲嘆にくれるフィッツは、立ち入り禁止の部屋へと踏み込み、モノリスを殴りつけながら怒りをぶつけるのでした。

第2話「扉の向こうへ」

チームの仲間たちによって、引き剥がされるようにモノリスから離れたフィッツでしたが、彼はその表面に付着していたらしい砂に気づきます。

その砂を調べたフィッツの、モノリスが時空の扉になっているという推測を聞いたコールソンは、かつて時空の扉を使ってやって来た異星人のランドルフ博士を訪ねて協力を依頼することに。

コールソンに脅されて嫌々ながらも協力することを承知した博士は、フィッツがモロッコで手に入れた羊皮紙を見てイギリスにある古城に手がかりがあると判断。

それに従って城へとやって来たコールソンたち一行は、隠し部屋の中にモノリスをコントロールする装置があることを発見し、そこへ保管していたモノリスを設置します。

エージェント・オブ・シールド【シーズン3】第1話・第2話

画像:映画.comより

デイジーの能力による手助けもあって、何とかモノリスによる時空の扉を開くことに成功するのですが、その機会を待っていたかのように無謀にもその中へと飛び込むフィッツ。

やがてデイジーの力による制御にも限界が訪れて、不安定になったモノリスは跡形もなく吹き飛んでしまいます。

しかし幸いその一瞬前に、時空を超えた異星の砂漠で辛うじて生きていたシモンズを見つけたフィッツは、ついに彼女を救出することに成功したのでした。

一方、シールドに任務を離れて体の具合の悪い父親のもとで介護をしながら暮らしているメイでしたが、そこへやって来てウォードを倒す手伝いをして欲しいと頼むハンター。

初めは頼みを断るメイでしたが、もとよりウォードへの怒りを胸に秘めていた彼女は、それを察した父親の言葉にも動かされて、ハンターと行動を共にすることを決意します。

その頃、ウォードはヒドラの再建をもくろみ、ヒドラの幹部だった男の息子のフォンストラッカーを誘拐し、彼を仲間に引き入れることに成功。

そしてフォンストラッカーは学生を装って大学に潜入し、メイの元夫であるガーナー博士に近づくのでした。

エージェント・オブ・シールド シーズン3

amazonで探す

楽天で探す

スポンサーリンク

記事下アフィリウィジェット


映画やドラマの動画配信を無料でお試し!

楽天モーションウィジェット(600×200)スマホ非表示

-映画やTVの話
-,